AGA情報

個人輸入のAGA治療薬の危険性とは?

最近では、国内処方薬と同等の効果を持つとされている商品を個人輸入によって入手している方もおおくいらっしゃるかと思います。
かくいう私も大手どころの○○堂や○○ケンコーなどのサイトから購入しましたが副作用がものすごいことになった失敗談をもっています。

しかし、個人輸入の医薬品を服用する場合、日本において認可のおりてない成分が入っている可能性があります。
個人輸入薬には安全性の保障がなくトラブルがあっても公的機関に訴えられない為副作用をはじめ流通や品質等に関するリスクはすべて<自己責任>となってしまいます。

また、厚生労働省でも個人輸入は控えるようにとホームページ等で呼び掛けています。

輸入代行業者に依頼する個人輸入では、実際にお客様からご相談のあったケースに先にお金だけ振り込ませて荷物を送ってこない業者や、空箱や偽物など粗悪品を送ってくる業者が居るとのご相談がありました。
このような業者は問い合わせをしても対応をとってくれないところがほとんどの様です。

海外で発売されているプロペシアと呼ばれる商品の中には、実は中身の成分が全く違う偽物も多く出回わっています。
箱も薬もそっくりなのに、配合成分が全く違うというような、かなり悪質な場合もあります。
せっかく安価で仕入れても偽物では効果を期待することができない上、健康被害が起きたとしても全て自己責任になります。
実際に偽物を使用して心肺停止で亡くなってしまう方も居る程です。
ホント怖いですよね。
そういったケースはもちろん、保証なども業者から受けられないのが実情です。

正規品に近いとしても前回お伝えした命に関わる副作用の心配もある上に、全て自己責任となりますので個人輸入で治療薬のご使用をされる場合は充分注意してご使用くださいね。

関連記事

  1. 毛根サイクルが乱れると抜け毛が過剰になるって本当!?

PAGE TOP